Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

コロナ禍による売り上げ低迷が続き、「資金繰りが厳しい」「融資の返済ができない」とお悩みの企業は少なくないと思います。そんな時の経営改善に役立つのが、リスケジュールです。

最近、後継者不足への対策や企業の防衛策として、M&Aが注目を集めています。M&Aには、後継者問題の解決だけでなく、売り手企業は売却代金が獲得でき、買い手企業では短時間で経営のノウハウを入手できるなどのメリットがあります。

法人化をする際には、会計や税務をはじめとして、登記や法律など様々な問題が生じます。そのときの相談のポイントとして重要なのが「誰に」「何を聞くか」ということです。すべてのことに精通している専門家はほぼいないため、あらかじめ相談する相手の専門分野やスキルを理解した上で、要点を絞り、かつもれなく聞くということが重要となります。

コロナ渦の蔓延を契機として、これまでも政府はさまざまな景気対策や支援を実施してきましたが、それでも未だに多くの中小企業が売り上げの低迷や資金繰りに苦しんでいます。このような状況を改善すべく、政府が2022.03に打ち出したのが「中小企業活性化パッケージ」です。

経営について学んでいる人の中で、財務指標という言葉を目にしたことがある人は多いでしょう。しかしながら、財務指標とはどのようなモノなのか理解していない方も多くいらっしゃいます。本記事では、財務指標の意味や種類、経営に活用する方法などについて徹底解説いたします。財務指標の意味を理解することによって、経営にうまく活用できるようになるため、是非参考にして下さい。

皆さんは知的資産経営報告書を知っていますか?企業において、自社の資産がどのくらいあるのか把握するのは非常に重要です。特に知的資産は目に見えない資産なので、知的資産経営報告書を作成することは何より重要だと言えるのではないでしょうか。

「中小企業の事業再生等に関するガイドライン」は、政府が作成した金融機関や中小企業が取るべき対応をまとめた指針となります。このガイドラインの指針を活用することで、返済ができなくなった場合でも金融機関と円滑な協議を通して、体力に合わせた返済や自宅の確保などができるようになりました。

これから創業される方の中には、飲食店の開業を希望される方も少なくないと思います。しかし、飲食店の営業をするためには必ず一定の資格を取得する必要があり、これをしなかった場合には営業ができないだけでなく罰則の対象となります。

中小企業では、少しの経営の変化で資金繰りが厳しくなりやすいですが、その中でもっとも手軽に利用できる資金調達の方法が「金融機関からの借入れ」です。

しかし、借入れには金融機関による審査があるため、誰もが希望する額の融資を受けられるわけではありません。

これは、すべての省庁に対して入札参加することができる資格で、取得にかかる費用は無料です。また、企業の規模にかかわらず、個人や中小企業であっても取得することができます。申請手続きも比較的簡単なため、これから仕事を増やしたいとお考えの方には、とても大きなチャンスとなります。