Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

これから事業を始める方の中には、「個人事業と法人、どちらで開業したらよいのだろう?」ということで悩まれている方も多いと思います。

法人と個人では、設立の際にかかる費用や税金が異なるだけなく、その後の経営の信用や事業の運営、融資などにも影響を及ぼします。

自社のビジネス領域で、世の中を変えるようなアイデアを思い付いた。そのアイデアを実現するために、最大ハードルとなるのが社内の審査です。

そこで求められるのが、社内の応援を受けられる事業計画とプレゼン資料です。社内を味方につけるために、どのようなポイントがあるのでしょうか。

SWOTとはStrengths(強みWeaknesses(弱み)Opportunities(機会)Threats(脅威)の頭文字をとったものです。SWOT分析は、戦略を立てる際の基本的な考え方の枠組みであり、事業計画書作成等において、会社の状況を把握するのに用いられます。

「経営戦略」という言葉を耳にすることは多くても、実際に経営戦略をどのように作り、何を意味するのか、具体的に理解できていない方も多いのではないでしょうか?

経営戦略は経営者が直感的に決めるものではなく、しっかりと階層に分けて組み立てて行かなければなりません。

事業の収益力や将来性や改善点について知ることができる指標が「限界利益」です。限界利益を理解することによって、事業そのものの収益性や将来性について知ることができます。

近年、コロナの蔓延や地震等の自然災害に代表されるように、予測することのできない状況が頻発しており、中小企業の経営にも大きな影響を与えています。そのため現在は、堅調に事業活動を行っていても、今後はこうした予期のできないリスクにより事業継続が困難になることを想定し、「事業継続力強化計画」(BCP)により対策を講じておくことが求められています。

M&Aにより事業の売却等をすることで、後継者の獲得や売却代金による負債の整理などをすることが可能となります。M&Aでは、売却先候補の確保や事業内容の調査、契約の締結など高度で専門的な手続きが必要なりますが、どれか一つても間違えてしまうとM&Aの失敗につながるため、手続きや支援先の選定には最新の注意が必要となります。

「事業計画書の作り方がわからない」「うまく作る自信がない」

これから融資を受けようとされている方の中には上記の悩みを持つ経営者の方が少なくありません。

しかし、事業計画書は融資の結果を左右する重要な要素であるため、間違いがあったり、その内容が不十分だと、希望額の獲得ができないということにもつながります。また、融資に失敗した方には「あらかじめ知っておけば防げたのに」というようなミスや勘違いをしている方も大勢います。

創業融資を利用するときに必ず行われるのが、「金融機関担当者との面談」です。正しい対応方法を知っていれば問題なく乗り切ることができます。この記事では、日本政策金融公庫における面談のポイントや質問される内容、参考になる回答例についてご紹介します。

企業の経営者の方の中には、「決算書が読めない」、「特に貸借対書評の意味が分からない」というお悩みをお持ちの方が多いようです。

貸借対照表は、会社の財産や負債の状況を表したものですが、これが理解できないと「会社にどれだけの財産や負債があるのか?」や、「資本金の状況がどうなっているのか?」がわからないため、財務状況を正確に把握することができません。