Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

経営戦略とは?

経営戦略とは

会社は何かしらの方向性と目標達成までのロードマップを持って運営していかなければ成功しません。

そこで、重要になるのが経営戦略です。

「経営戦略」という言葉を耳にすることは多くても、実際に経営戦略をどのように作り、何を意味するのか、具体的に理解できていない方も多いのではないでしょうか?

経営戦略は経営者が直感的に決めるものではなく、しっかりと階層に分けて組み立てて行かなければなりません。

この記事では、経営戦略の策定方法や、代表的なフレームワーク、経営戦略を成功させるためのポイントなどについて詳しく解説していきます。

最速で御社の経営計画書を作成する「経営計画書サンプル」

目次

経営戦略とは?

経営戦略は企業経営の方向性を示すものです。

経営戦略によって企業経営にどのような影響を及ぼすのか、また、企業戦略や事業戦略との違いはどのような点なのか、詳しく見ていきましょう。

企業の方向性を示すもの

経営戦略は、企業の方向性を示した行動指針です。

中長期的にその企業がどこを目指し、どんな活動をするか計画を立てます。

企業は人材や資金などの経営資源を保有していますが、その資源をどこにどの割合で投入していくのかを判断する基準となるものになります。企業を取り巻く内部環境、外部環境を把握し、自社の競争優位性を分析した上で精緻な戦略を立てなければなりません。

自社の資源と経営環境を勘案して、自社の生き残りのために最適な行動指針となるものが経営戦略です。

「企業戦略」「事業戦略」「経営戦術」との違い

経営戦略と似た言葉として「企業戦略」「事業戦略」「経営戦術」があります。
それぞれの意味は次の通りです。

企業戦略

企業戦略とは、経営戦略に具体性を持たせるものです。

つまり、経営戦略を立てる中で明らかになった方向性から、具体的にどんな体制や組織で企業活動を遂行していくのかを明示したものといえます。

経営戦略を立てた後、企業活動の具体的な行動方針となるのが企業戦略です。

事業戦略

事業戦略とは、事業を発展させるための差別化や顧客開拓など、個別の事業を発展させるための戦略です。

経営戦略によってどの事業に投資するのかを決めた後、個別に事業について事業戦略を練らなければなりません。

経営戦術

経営戦術とは、策定した経営戦略を実現するための具体的な手段や施策のことです。

経営戦略の具体的な手法を経営戦術と言います。

経営戦略に基づいて、企業戦略や事業戦略が策定され、経営戦略を実現するために経営戦術が必要になると理解しておきましょう。

経営戦略の3つの階層とは

一口に経営戦略と言っても、経営者の直感でなんとなく示されるものは経営戦略とは言いません。

経営戦略は次の3つの階層に分かれています。

  1. 企業戦略
  2. 事業戦略
  3. 機能別戦略

それぞれの階層ではどのようなことを決めるべきなのか、詳しく見ていきましょう。

1.企業戦略

まずは企業戦略を策定します。

経営理念やビジョンなど、会社の目指す方向性や社会の中でのポジションなどを決めたら、次の会社全体の方向性を決めていきましょう。

「どのような事業に注力していくのか」「いつまでにどの程度の成長を目指し」「どんな企業になりたいのか」という、具体的な企業活動の方向性を定めます。

2.事業戦略

企業戦略によって「どの事業に注力していくのか」ということが決まったら、次は事業ごとに「その事業をどのように発展させていくのか」という戦略を練らなければなりません。

慎重に市場分析やマーケティングを行い、競合他社についてもリサーチします。

その上で、市場優位性をどのように確保していくのか、競合他社との差別化はどのように図っていくのかなど、事業の成長について具体的で細やかな戦略を立てていきます。

3.機能別戦略

機能別戦略とは、社内の機能を最適化するための戦略のことです。

企業戦略と事業戦略を実施するためには、戦略を実現するための社内組織の整備が欠かせません。

営業・研究開発・生産・マーケティング・人事・総務など、社内の組織にどの程度の人員を割り当てるのが最適なのか、詳細に決めていきます。

「どの部署にどの程度の人員」などとざっくりと決めるのではなく、「どの部署にどんな機能を持たせ」「実現のための部署内の組織と人員」など、かなり詳細に突っ込んで決めていかなければなりません。

また経営戦略を成功させるためには、従業員のモチベーション確保が非常に重要です。モチベーション向上のため、部署を整理して、従業員1人1人が新しい経営戦略の中で果たすべき役割を明確化しましょう。

経営戦略の作成方法

経営戦略は次のような順番で作成していくのがよいでしょう。

  1. 経営理念を策定する
  2. 経営目標を策定する
  3. 外部・内部分析を行戦略ドメインを策定する
  4. 経営戦略を策定する

経営戦略の具体的な策定方法を順を追って具体的に解説していきます。

①経営理念を策定する

まずは経営理念とビジョンを明確にしましょう。

経営理念とは「企業経営を何のために行うのか」ということです。

ビジョンとは「今後、事業活動においてどのような状態を目指すのか」ということです。

例えば、経営理念であれば「従業員とその家族の幸福と生活の質の向上を目指し、地域社会の発展に貢献すること」などです。ビジョンは「10年以内に市場シェア1位を達成する」などが挙げられます。

すでに掲げている理念やビジョンを環境変化に合わせて変更することもできますし、新たに策定することも可能です。

企業経営を俯瞰して、何を目指すべきなのか決めましょう。

②経営目標を策定する

経営理念とビジョンを作成したら、次は経営目標を策定します。

経営目標とは経営理念やビジョンを達成するための具体的な数値目標です。「どの事業において」「いつまでに」「売上〇〇万円(シェア〇〇位)を達成する」などの具体的な目標を設定します。

短期目標、中期目標、長期目標に分けて、実現可能性のある目標を掲げましょう。

③外部・内部分析を行い戦略ドメインを策定する

企業内部と外部の分析を行い、戦略ドメインを策定しましょう。

戦略ドメインとは「企業がどの製品やサービスで勝負するのか」ということです。

戦略ドメインを策定することによって、今後企業が注力していく事業が決まるので、どの事業にどの程度のリソースを配分するのかということを決めることができます。

戦略ドメインとは直感的に決めるのではなく、市場動向や競合他社などの企業の外部分析を行い、企業の強みや弱みなどの内部分析を行い、「どの事業に注力すれば企業が成長できるのか」を決定しましょう。

④経営戦略を策定する

戦略ドメインを策定できれば、経営戦略の大きな方向性は定まっています。

そのため、次に以下の順番で経営戦略の中身を決定していきます。

  1. 企業戦略
  2. 事業戦略
  3. 機能別戦略

まずは理念やビジョンを明確にし、数値目標を定め、戦略ドメインを決定したあと、企業戦略→事業戦略→機能別戦略と落とし込み、経営戦略に具体性を持たせていきましょう。

経営戦略の代表的な5つのフレームワーク

経営戦略を策定する際にはさまざまなフレームワークを活用して、自社の強みや弱みやリスクを把握しなければなりません。

代表的なフレームワークとして次の5つをあげることができます。

  • SWOT分析
  • 5force(ファイブフォース)分析
  • 3C分析
  • PEST分析 
  • STP分析

それぞれのフレームワークの概要や、フレームワークから分かることについて詳しく見ていきましょう。

SWOT分析

SWPT分析とは、自社の立ち位置を客観的に分析する方法です。

SWOTとは、「Strength」=強み・「Weakness」=弱み・「Opportunity」=機会・「Threat」=脅威の略です。

これら4つの視点から自社を客観的に分析し、自社と他社、市場における自社の立ち位置などを客観的に分析することができます。

関連記事:企業におけるSWOT分析とは

5force(ファイブフォース)分析

5force分析とは、自社にとっての脅威を分析する手法です。5つの脅威という意味で、次の5つを示します。

  1. 業界内の競合の脅威
  2. 新規参入者の脅威
  3. 買い手の脅威
  4. 売り手の脅威
  5. 代替品の脅威

外部環境において自社にどのような脅威があるか分析し、その脅威が自社の売上や収益にどのような影響があるのかを調べます。

3C分析

3C分析は自社の製品サービスの立ち位置を客観的に分析する手法です。

3Cとは次の3つのCです。

  • 「Competitor」=競合
  • 「Customer」=顧客
  • 「Company」=会社

競合他社、顧客ニーズ、自社の強みなどを分析し、自社の製品やサービスを競合他社よりも優位性を持たせ、顧客満足度をどのように引き上げるかについて分析を行います。

PEST分析 

PEST分析は外的な要因によって自社がどのような影響を受けるのか分析するものです。

PESTは次の4つの頭文字をとったものです。

  • 「Politics」=政治
  • 「Economy」=経済
  • 「Society」=社会
  • 「Technology」=技術

政治・経済・社会情勢やITやAIなどの技術革新など、自社の自助努力だけではどうしようもない外部環境によって企業経営がどのような影響を受けるのかを分析します。

リスクや可能性を分析し、自社の経営にどのような影響があるのか、チャンスはあるのかということを分析することができます。

STP分析

STP分析とは市場の分析です。

STPとは次の単語の頭文字をとったものです。

  • 「Segmentation」:細分化
  • 「Targeting」:狙う市場の決定
  • 「Positioning」:自社の位置づけ

市場を細分化し、自社が狙う市場を決めて、その中で自社はどのような位置付けにあるのかを分析します。

これによって市場の中で戦う具体的な戦略を策定することができます。

経営戦略策定に必要な4つのポイント

経営戦略を策定する際には、次の4つのポイントを押さえておくことが非常に重要です。

  • ビジョンを明確化する
  • 従業員のキャリア・スキルアップもマネジメントする
  • IT投資を積極的に行う
  • マーケティングによって顧客を理解する

これらのポイントを押さえておかなければ、経営戦略が成功する可能性は低くなってしまうでしょう。

経営戦略策定に必要な4つのポイントについて詳しく見ていきます。

ビジョンを明確化する

経営戦略を成功させるためにはビジョンを明確にすることが最も重要です。

従業員は毎期毎期ノルマや目標を課せられ、年度が変われば目標がリセットされ、、という繰り返しです。

会社一丸となって目標達成に向かうには、毎日、毎月、毎年の目標の積み重ねがどこに向かい何を達成したいのかを明確にすることが非常に重要になります。

そのため、中長期のビジョンを明確化し、ビジョンを達成するため、日次や月次や年次の目標を設定しているという意識を全社に共有しましょう。

従業員のキャリア・スキルアップもマネジメントする

経営戦略達成のためには優秀な人材の確保は最も重要な経営課題だと言っても過言ではありません。

そのため、従業員のスキルアップやキャリアアップを目的とした人材戦略もしっかりと立て、優秀な人材を育て定着させるためのプランと人事評価制度も構築しましょう。

IT投資を積極的に行う

業務効率化、マーケティング、生産性の向上などのために今はIT投資は欠かすことができません。

経営戦略を実現する上で、どの分野にどのようなIT投資が必要なのかをしっかりと検討し、必要なIT投資は積極的に行っていきましょう。

マーケティングによって顧客を理解する

経営戦略達成のためには、マーケティングを実施して顧客の理解に常に努めることも非常に重要です。

自社が提供する製品やサービスは、顧客が欲している製品やサービスとイコールでなければなりません。

売上の確保と向上に努めるためには、適宜マーケティングを実施しましょう。

まとめ

経営戦略とは企業の方向性を示すものです。

企業が中長期の目標に向けて活動していくための指針となるべきもので、企業にとって最も重要なものだと言っても過言ではありません。

経営戦略は感覚的に作るものではなく、理念やビジョンの策定から事業戦略や機能別戦略まで具体的に落とし込んで作成していくものです。

「何から経営戦略を策定したらいいか分からない」という方は、まずフレームワークを使用して自社を分析し、強みや弱みや業界内での立ち位置を客観的に把握してみましょう。

【無料セミナー】経営計画書作成1DAY スクール

経営計画書作成1DAYスクールページ

経営者のための経営計画書作成セミナーを開催しています。

現在、会社の将来について悩んでいる経営者の方に最適な経営計画書の書き方をお伝えします!

経営計画書は1度書いたら終わりではありません。

継続することで、立てた計画を測定し、PDCAを回しより良い経営に結びつきます。

どのような経営計画書をつくれば良いか、どのように継続をしていけば良いか。

ご自分の会社の現状と未来を真剣に見つめ、成長戦略の設計をお手伝いします。

【こんな経営者の方におすすめです。】

・正しい経営計画書の作り方を学んでから作りたい方。
・より正確な数字の根拠を持った経営計画書を作りたい。
・プロの指導者に経営計画書作成をサポートしてもらいたい。

7日間で成果の出る経営計画書は作れます。

それは、失敗しない経営計画書の作り方のコツや必要なことを押さえているからです。

成果が出るとはどういうことか。

  • 立てた目標を実現できる会社になる
  • 社員が社長の方針を理解し辞めない会社になる
  • 銀行が会社の味方になる

上記のことを達成させるための道具となります。

このような経営計画書を作っていませんか?

  • -銀行を説得するための資料でしかない。
  • -作成しただけで、社員と共有していない。
  • -前向きで実現可能な数値計画になっていない。
  • -社員のモチベーションが上がらない。

5年後の自社の姿を今決めておけば、それに近づける。
あなたの会社の明るい未来を創るために、価値ある経営計画書を作ってみてはいかがでしょうか。

関連する記事はこちら

株式会社MOTOMURAでは経営計画書作成のお手伝いをさせて頂いております。
ぜひ、経営計画書作成1DAYスクールにご参加下さい!
1DAYスクールはこんな方におすすめ
お申し込みはこちらから
【開催日時】

5/13 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/20 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/31 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/7 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/14 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/20 (木) 10:00-12:00【限定5名】

6/28 (金) 10:00-12:00【限定5名】