Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

現在、政府は中小企業等の経営をサポートするため数多くの経営・経済支援策を打ち出しています。

これらはいずれも企業の経営の活性化や改善に役立つとともに、税金の優遇や資金繰りに利用できるものですが、あまりに数が多いため「どれを使えばよいのか?」や「自社で利用できるのか?」など判断がしにくいという方も多いと思います。

また、足下で長期化している新型コロナウイルス感染症の影響により、事業承継を後回しにしてしまっている事業者も少なくありません。中小企業庁はこうした状況を踏まえ、事業承継をより一層推進するため、令和4年3月に「事業承継ガイドライン」を改訂しました。

補助金は、返済義務のない公的な資金のためこれを上手に活用すれば、事業にかかる経費を大幅に減らすことができ、資金繰りの負担を少なくすることができます。

しかし、補助金は誰もがもらえるものではなく、受給するにはその目的や事業との関連性、難易度などいろいろと注意しなければならない点があります。

経済産業省が2020年に発表した「DXレポート」において、「2025年の崖問題」が提起されて以来、急速に企業におけるDXの推進が求められています。

しかし、DXは具体的な行動や対応を示すものではないため、中には「何から手をつけたらよいのかわからない」、「対応できる人材がいない」などでお困りの企業も多いと思います。DXに取組むためには、まずはDXが必要となった背景やこれまでの道のりを理解することが、スタートラインといえます。

経営者の方の中には「融資を受けたいけど、担保や保証人がいない」、「会社の業績が悪くて資金調達ができない」などでお悩みの方も多いと思います。

そのような会社にチャレンジしていただきたいのが「少人数私募債の発行」です。