Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

近年、従業員のワーク・エンゲージメントを高めたいというニーズが高まっています。
それは、労働生産性や仕事に対する自発性、顧客満足度などに影響を与えるというデータがあるからです。

OODAを導入すると、迅速な意思決定が可能となるので、問題が深刻化する前に対処できたり、競合に遅れをとらずにビジネスチャンスをものにできたりします。起業や新規事業立ち上げにも大変効果的です。よくPDCAと比較されることがありますが、両者は似て非なるものがあります。

従業員が、自分になかなかついてきてくれない!従業員のやる気が引き出せない!と悩んでいる経営者も多いことでしょう。
さらに近年、働き方改革や感染症のまん延、自然災害の発生などをきっかけにして、テレワークなどが急速に普及する中、企業の経営者と従業員の関係の変化がクローズアップされつつあります。

この1~2年は「組織風土改革」の必要性が飛躍的に高まっています。

・変化への対応ができない
 ⇒ 持続的な成長ができない

なぜなら、社会情勢の変化や国家的なDX推進によって、戦略立案のスピードは加速化し、スピーディな戦略実行を可能にする組織力・現場力が競争優位の源泉として強く求められるようになりました。

中小企業にとって最も多い悩みは、「人材の確保」「社員の定着」「社員の仕事へのモチベーションアップ」です。これらは、どのように解決していけばよいでしょうか。実は、これらを解決のための重要なポイントとして「従業員エンゲージメント」を知り、考えることが必要です。

あなたはビジネスにおいて、感情をどの程度重視していますか?

経営者の方は、感情がビジネスやマネジメントにいかに影響をもたらすか実感しているかもしれませんね。

いまやDXという言葉を聞かない日はないというほど耳にしますよね。
政府はDX人材の育成を推進しています。
ITツールも日々増えており、ビジネスのIT化の流れは止まりません。

例えば、会議や商談はZOOMで行うようになり、社内のコミュニケーションはメールではなくチャットツールになり、データ管理はクラウドで行うようになり、請求書類も紙の扱いはほとんどなくなりました。
経営計画書もデジタルが主流になっていくのではないかと考えています。

社員の休みが取れない。
有給休暇など以ての外。
GWも夏休みも無し。
残業時間が一ヵ月80時間を超える社員が何人もいる。
頑張って働いているのに賞与も無し。
求人はしているがなかなか人が来ない。

ブラック企業だった弊社がホワイト企業へと変化するための取り組みについて。

社員との考え方のミスマッチで多くの経営者様がお困りではないでしょうか?
社員が自発能動的に動いてくれない。 同じことを何度も言わなければならない。 また今日も社員を怒鳴ってしまった。  この様な事がなぜ起こるのか?

世の中は凄いスピードで変化しています。

それに加えてコロナ禍の影響も合わせると

更に先の見えない状態でお困りの経営者様も多いのではないでしょうか。

そしてそれが理由で経営計画書の作成に