Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

自己分析でビジネスを成功させるためには | 強みと弱みを知ろう

収支計画

あなたはどんなビジネスを展開したいですか?

これから起業しよう、新しいビジネスを始めようと考えている皆さんは自己分析をしたことがあるでしょうか。

どんな事業を始めたいか迷っている方は、まずは自己分析をして自分に合ったビジネスとは?ということについて考えてみてはいかがでしょうか。

目次

はじめに

ビジネスを展開し成功させるためには、自分の「強み」と「弱み」、つまり自分の性格やスキルについて知ることが不可欠です。

というのも、中小企業や小規模な事業を行っていると、自分の意見や性格的な態度が素直にビジネスに反映されてしまうからです。

自分の性格やスキルを明確に評価することで、自分のアプローチが正しいかどうか、ビジネスを通じて達成したい目標を達成するためには何をすべきかを把握することができます。

ビジネスを始める人は皆、心の中に希望を持ち、次のような観点から目標を達成したいと考えています。

-自立 -自己実現 -ライフスタイルの変化 -尊敬の念 -お金 -権力 -ライトライブリフッド

これらの目標を達成するために、自分の性格やスキルを自己分析しながら、ビジネスで成功するためのマインドセットを考えてみましょう。

ここでは、シンプルでありながら重要な4つのエクササイズを通してできる自己分析をご紹介します。

4つの自己分析エクササイズ

あなたは、自分がそのビジネスに向いている人間だと思いますか?

まずはじめに、自分自身の棚卸しをして、これから始めようとしているビジネスが自分に合っているかどうかを分析する必要があります。

棚卸しとはつまり、自分の持っているもの、スキル、性格、お金、目標などを書き出し、それぞれについてきちんと考えることです。

なぜなら、ビジネスを持つということは、そのビジネスに対して自分の時間とエネルギーのほとんどを注ぎ込む努力をするということだからです。

もし、あなたにビジネスを運営するのに必要なスキルや気質がなければ、とても苦しい経験をすることになるでしょう。

つまり、次の2つのことを正しく判断しなければ、良い計画や資金があっても、ビジネスは成功しないのです。

続いて、4つの方法で自分自身について紙に書き出すというエクササイズで自己分析をしてみましょう。

できれば紙とペンを用意して手書きで書いてください。ですが、PCを使って書いても構いません。

1.あなたの「強み」と「弱み」

10分ほどかけて、自分の個人的な強みと弱み、そしてビジネス上の強みと弱みをリストアップしてみましょう。

一見、ビジネスとは関係のないことでも、思いつく限り書き出してみましょう。

例えば、あなたの強みは、専門的なビジネススキルだけではなく、「ある趣味に精通していること」や、「ポジティブな性格」、「異性にモテる」ことなども挙げられるかもしれません。

じっくりと自分の長所と短所を考えてみてください。

私の強みと弱み

強み

  1. 女性向けファッションビジネスのあらゆる側面に関する知識
  2. 抽象的な目標を具体的なステップに落とし込む能力
  3. 料理が得意
  4. 友人や動物に対して正直で親切である
  5. 一度設定した目標を達成するために、絶え間なく努力することができる
  6. ビジネス上の友人を作り、維持する能力 – 私は他の仕事で多くのリピーターを持っています。

弱み

  1. せっかちなところ
  2. ロマンチスト(ビジネスでの弱点?
  3. 問題を先延ばしにする傾向がある
  4. 愚か者には我慢がならない傾向がある(特に疲れているときはこの傾向が強すぎる

リストアップされた自分の長所と短所を見ることで、自分の性格とこれから始めようとしているビジネスとの間に矛盾がないかどうかを判断することができます。

ビジネスと自分の性格の間にミスマッチがあれば、改善する必要があるからです。

2.ビジネスに必要な一般的なスキルと専門的なスキル

ビジネスで生き残り、成功するためには、2種類のスキルが必要です。

それはビジネス全般に必要な一般的なスキルと、特定のビジネスに必要な専門的なスキルです。

例えば、すべてのビジネスには、会計などの財務記録をきちんと残せる人が必要です。

一方で、ガラス職人が必要とするような柔らかな手触りや手先の器用さは、一般的な舗装業者が必要とするスキルではありません。

10分ほどかけて、自分のビジネスに必要だと思うスキルを紙に書き出してみてください。

完璧なリストにする必要はありません。ただ、頭に浮かんだことを書き出してみてください。

あなたのビジネスには、専門的なスキルだけでなく、一般的なビジネススキルも必要であることがわかると思います。

もし、あなたがビジネスに必要なスキルをすべて持っていない場合、支援者はその不足分をどう補うかを知りたがるでしょう。

私のビジネスに必要な一般的および特定のスキル

  1. 社員のモチベーションを上げるには
  2. 記録をきちんと残すには
  3. 顧客や従業員に特別なビジネスだと思わせる方法
  4. お客様が今何を求めているかを知り、服飾ビジネスではより重要なことですが、半歩先を行くためにはどうすればよいか
  5. どうやって売るか
  6. 在庫をどう管理するか
  7. 人を判断する方法

3.あなたの好きなもの、嫌いなもの

続いて10分間、自分が本当に好きなものと嫌いなものをリストアップしてみてください。

今度は、ビジネスのことは考えずに、自分が何をしているときに幸せか、あるいは不幸を感じるかを考えてみてください。

初対面の人と話すのが好きだったり、帳簿をつけるのが好きだったり、コンピューターを使って仕事をするのが好きだったりしたら、必ずそれを書き込んでください。

自分が喜びを感じる活動をすべて書き出してみてください。

ビジネスマンになると、起きている時間のほとんどをビジネスのために費やすことになります。

喜びを感じられないことは、あまり良いことではないでしょう。

このリストを見て、自分が正しいビジネスを追求しているかどうか疑問に思ったら、自分の潜在意識に問いかけてみることをお勧めします。

一晩か二晩寝れば、きっと答えが見つかるはずです。

私の好きなこと

  1. 自立し、自分で決断する
  2. 物事を整理整頓すること。これにはほとんど執着があります。
  3. スキーをする
  4. 才能があって知的な人たちと働く
  5. ジャックと一緒に料理をする
  6. 自分の仕事を大切にする。

苦手なこと

  1. 頭の悪い上司の下で働く
  2. 行き詰まった仕事をしていると感じる
  3. 人を不幸にする。

4.具体的なビジネス目標

最後に、具体的なビジネス目標を挙げてください。

あなたはビジネスで何を達成したいですか?

 

9時から5時までの生活からの解放?お金のため(あるとしたら、どのくらい)?

子供との時間を増やしたい?世界やあなたの周りの一部をより良い場所にするため?

これはあなたのウィッシュリストですから、具体的に、そして楽しみながら書いてください。

私の具体的なビジネス目標

  1. 自分のビジネスを持ち、きちんとした生活を送り、経済的に自立する。
  2. 友人・知人や新規のお客様と一緒に仕事をし、販売する。
  3. 私の街では手に入らない服を紹介し、働く女性に真のサービスを提供する。
  4. 成功しているビジネスウーマンのネットワークに参加したい
  5. 自分の成功が尊敬される。

自己分析リストの使い方

4つの自己分析リストが完成したら、時間をかけて読み返してみましょう。

家族や友人など、あなたのことをよく知っていて、あなたを客観的に判断できる人に見せてみてください。(もちろん、リストを誰かに見せる前に、ビジネス上重要でない個人情報は削除しても構いません)。

成功している中小企業の厳しい現実を知っている人にリストを見せるとさらに良いでしょう。

メンターや同僚など、あなたの決断を尊重してくれる人がいいでしょう。 

あなたのビジネスに必要なスキルのリストを、あなたが持っているスキルと比較してみてください。

必要なスキルを持っていますか? あなたの性格やスキルと、あなたが達成したいこととの間に、明らかな矛盾が指摘されていませんか?もしそうなら、注意してください。

このエクササイズに真剣に取り組めば、自分自身をよりよく知ることができるでしょう。

それから、リストは破棄しないでください。

もし、あなたがビジネスを進め、事業計画を書くのであれば、今作成したリストは重要な資料として、あるいは事業計画書の一部として使用することができます。

このステップを踏むことで、あなたはいくつかのことを達成しました。

自分の内面を見つめ、自分が何者で、何をする資格があるのかという基本的な質問を自分に投げかけました。

その結果、自分がビジネスパーソンとして成功するために必要な代償を払う覚悟があるかどうかが見えてきたはずです。

もし、あなたがそれでもビジネスをしたいということは、「長期的な利益のためには短期的な犠牲も厭わず、どんな不都合なことも厭わない」ということです。

適切なビジネスを選択するためには

さらに、新規事業の立ち上げや拡大を考えている方に向けて、適切な事業の選び方についてお話します。
これは、自分にとって「合った」ビジネス、つまり自分が知っていて、好きで、一生懸命働いていて、経済的にも意味のあるビジネスを選択したかどうかを判断するのに役立ちます。

スキルや才能を生かせるか、喜びを感じるか

自分がやりたいと思っている事業は、自分が持っているスキルや才能を必要としていますか?必要なスキルを持っているなら、それを発揮することに喜びを感じますか?

このことをじっくりと考えてみてください。

自分のビジネスアイデアは、自分のものだからこそ、いろいろな思いがあるかもしれません。それは当然のことです。自分のアイデアを信じることで、良いアイデアと収益性の高いビジネスの間にある避けられない泥沼を乗り越えることができます。しかし、自分のエゴにとらわれてしまうと、視野が狭くなってしまいます。

そのためには、自分が何をしているのかを知らなければなりません。これは当たり前のことのようですが、残念ながらそうではありません。小さなビジネスを始めるということは、そのビジネスを一から理解する必要があります。この仕事が楽しいかどうか、自分に合っているかどうかを自問してみてください。

信頼できる答えを得るためには、他の分野の中小企業経営者に聞くのが一番です。

中小企業の経営者は、あなたが競合しないことを確認すれば、自分の知識を喜んで教えてくれることが多いものです。

お客様の問題とそれを解決する方法を考える

成功しているビジネスには共通の特徴があります。それは、顧客にとって有益なことをしているということです。何がお客様のためになるのかを判断する方法の一つは、あなたのビジネスが解決する問題を特定し、説明することです。顧客の問題やニーズを正確に把握することで、ビジネスの成功確率を高めることができるのです。

さて、あなたのお客様について少し考えてみてください。あなたがお客様のために解決する問題は何ですか?

あなたのビジネスがお客様のために解決する問題の説明を書き出してみましょう。この文章は、あなたが完成させる事業計画書の一部になります。

次に、あなたのビジネスがお客様の問題をどのように解決するのかを説明します。

これは時間をかけて丁寧に書きましょう。初めて書いてみると、思いもよらない疑問が出てくるかもしれません。

その場合は、適切な答えを考えて、説明文を書き直します。
大切なのは、どれだけ時間がかかるかではなく、現実的で考え抜かれた事業内容に仕上がるかどうかです。

結局のところ、紙の上で質問に答えたり、問題を解決したりすることは、実際にお金を使うよりも安上がりです。

事業内容は、あなたがお客様に何を提供し、何を除外するのかを正確に説明する必要があります。

事業内容の選択は、起業や事業拡大に必要な資金や、期待できる売上高に影響します。

まとめ

今回は、これから起業や新しいビジネスを始めようとしている方向けに、自己分析の方法についてご紹介しました。

自己分析を行うときは、以下の4つの視点で書き出してみましょう。

  • あなたの「強み」と「弱み」
  • ビジネスに必要な一般的なスキルと専門的なスキル
  • あなたの好きなもの、嫌いなもの
  • 具体的なビジネス目標

実際に書き出してリストができたら、自分で見返してみて、さらに人に見せて客観的な視点で意見をもらってみましょう。

 

株式会社MOTOMURAでは経営計画書作成のお手伝いをさせて頂いております。
ぜひ、経営計画書作成1DAYスクールにご参加下さい!
1DAYスクールはこんな方におすすめ
お申し込みはこちらから
【開催日時】

5/13 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/20 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/31 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/7 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/14 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/20 (木) 10:00-12:00【限定5名】

6/28 (金) 10:00-12:00【限定5名】

コメントはまだありません!

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.