Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

企業におけるSWOT分析とは?目的や方法をご紹介

swot分析

最速で御社の経営計画書を作成する「経営計画書サンプル」

SWOT(スウォット)とはStrengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字をとったものです。

SWOT分析は、戦略を立てる際の基本的な考え方の枠組みであり、事業計画書作成等において、会社の状況を把握するのに用いられます。SWOT分析を行うことで、事業の戦略方針が明確になり、事業計画書に説得力が生まれます。

目次

SWOT分析の目的

企業におけるSWOT分析を行う目的としては、以下のものが挙げられます。

  • 企業における事業戦略上の課題解決
  • 組織全体の目標設定
  • 社員一人ひとりの目標設定

上記の目的により、現状の課題分析、脅威と機会の特定、事業戦略・マーケティング戦略の立案が可能となります。

SWOT分析の方法

SWOT分析は自社の事業または全社の状況等を、強み(Strengths)弱み(Weaknesses)機会(Opportunities)脅威(Threats)の4つの項目で整理して分析します。

「外部と内部」「プラス要因とマイナス要因」という2つの軸でマトリクスをつくって、企業に関する重要な情報を整理します。「内部・プラス要因」が「強み」、「内部・マイナス要因」が「弱み」、「外部・プラス要因」が「機会」、「外部・マイナス要因」が「脅威」に該当します。

swot

SWOT分析を適切に行うためには、S、W、O、Tの各要素を正しく抽出する必要があります。

そのためには強みと弱みはその組織の内部環境における要因であり、機会と脅威は外部環境における要因であることを充分に認識する必要があります。

SWOT分析のテンプレート

SWOT分析の表は、パワーポイントでも簡単に作ることができます。

ご自分で作ることもできますが、こちらのテンプレートを使用することもできます。

SWOT分析のテンプレートをダウンロードする

内部環境分析の方法

内部環境分析とは、自社でコントロール可能な経営資源の強みと弱みについて分析を行います。具体的には、経営戦略、企業文化、市場における知名度・評判、ブランド、組織文化、製品品質、市場シェア、現在までのマーケティング戦略の長所・短所、人的資源、トップのリーダーシップ、リピーターの存在、技術力、輸送時間、資金力、経営管理システム、などについての分析を行い、自社の強みと弱みを明らかにしていきます。

例えば、元々写真のフィルムが主力事業であった企業が、化粧品事業を成長させているという事例があります。これは賭けではなくそれまでに培ってきたコラーゲン活用技術、抗酸化技術などの技術的資産が大きな強みになるとの分析に基づいて事業を展開しています。

また自社の弱みを補うために、アウトソーシングを活用することもあります。このような場合、内部分析の際にアウトソース先である「準構成者」のネットワークも自社の経営資源に含めて考えておいた方が、より正しく企業の実態を捉えることができます。

強みと弱みの抽出方法

自社の強みと弱みは、現実にはなかなか把握するのが難しく、中小企業の社長からは、自社に強みはないという話を良く聞きますが、事業が継続しているならば必ず強みを持っています。以下の方法を用いることで、抽出しやすくなることがあります。

1. カテゴリを分ける

人、もの、金、ノウハウ、ブランド、情報というようにカテゴリを分けて強みと弱みを考察することで、抽出しやすくなります。 例えば優秀な技術者が多いというのは人材面の強みです。

2. 顧客、取引先、協力業者の視点で考える

お客様の来店理由、購入理由、取引理由を改めて考えてみてください。お客さまへのアンケートや、取引先、協力業者からのヒアリングも有効です。
お客様や取引先、協力業者の視点に立つことで、自社の強み、弱みが見えてきます。

3. 競合他社と比較する

お客様は競合他社と比較して良いところがあるから自社を選んでいるはずです。強み、弱みを見つけるためには「競合調査」が必要です。競合他社のホームページを確認する、様子を見に行く、製品を食べたり、使ってみたりして、自社の商品やサービスとの比較するのも一つの方法です。
強みと弱みは、競合他社よりも達成水準が高ければ強みで、低ければ弱みということになります。対象とする市場エリアの競合他社を具体的にイメージして比較することで、抽出しやすくなります。

4. 先輩経営者や税理士へのヒアリング

従業員に自社の強みについて聞くことも良い方法です。営業、製造、経理、企画など機能別の部門によって視点が異なるので違った強み、弱みが出てきます。また、担当税理士、公認会計士、中小企業診断士、社会保険労務士、先輩経営者から聞いてみることで客観的な強み、弱みが分かる場合があります。

以上のリサーチやヒアリングやなどを活用して競合と比較したり、お客様からの評価を確認したりしながら、冷静に判断して行く必要があります。

外部環境分析の方法

外部環境の「機会」と「脅威」は、大きなマクロ環境の視点と、小さなミクロの環境の視点の二つに分けて考えていきます。

外部環境は、他の企業にとっての機会が、必ずしも自社にとっての機会となるわけではない、というように、会社や事業によって、機会と脅威が異なります。よって自社における視点で考えることにより適切に区分ができます。

マクロの外部環境の把握方法

自社に影響のある外部のマクロ環境は、政治(Politics)経済(Economy)社会(Society)技術(Technology)の4つの視点、いわゆるPEST分析の枠組みで捉えます。

政治は法令や政治局面、経済は経済状況や金利動向、社会は人口ピラミッドやライフスタイル、技術はIT技術や技術の陳腐化などがあります。たとえば、新型コロナウイルスの感染拡大、ウクライナ情勢の悪化はマクロ環境の大きな変化でした。

ミクロの外部環境の把握方法

マクロ環境の分析後は、自社のステークホルダーを中心とするミクロの外部環境について分析します。具体的には市場規模・成長性・競合・顧客ニーズの変化などがあります。

マクロの外部環境とミクロの外部環境の関連性

マクロ環境とミクロ環境の動きには関連性があります。例えば学習塾にとって、マクロ環境である少子化の進展は、ミクロ環境における市場動向として捉えると学習塾の生徒減少という脅威になる一方で、一人当たりの教育投資額が増えるという機会にもなっています。

外部環境分析を行う上での留意点

外部環境分析において良く起こりうる事象について、以下に留意点を記載します。

「弱み」を「脅威」に分類してしまう

内部環境の弱み外部環境の脅威としてしまうことで、改善策等を実施しなくなってしまう場合があります。

内部環境は「自社の自助努力により解決が可能なこと」であるのに対し、外部環境は「自社の自助努力により解決が不可能なこと」と考えると間違いにくくなります。

分析を一度で止めてしまう

外部環境分析を一度で止めてしまうことで、環境変化に対応した戦略を取れなくなる場合があります。

例えば、以前前菜等がなく、鉄板に乗った熱々のステーキを提供する企業が人気を博し、大量出店を行なったことがありました。しかし他の業態の異なる飲食店が安価なステーキ商品を提供したり、ステーキ業態の店舗が増加するというような、外部環境の変化により苦戦を強いられ、大量閉店に至るという事象がありました。

外部環境分析は適時適切に行うことにより、企業の事業継続性を担保することが可能となります。(言うまでもなく上記事象には内部環境の変化も密接に連関しています)

swot2

企業におけるクロスSWOT分析とは

SWOT分析で強み・弱み・機会・脅威が整理できたら、内部環境と外部環境を組み合わせる「クロスSWOT分析」により4つのフレームで戦略検討を行います

①強み×機会:自社の強みをもって機会を最大化するための積極化戦略

②強み×脅威:自社の強みをもって想定される脅威による悪影響を最小化するための差別化戦略

③弱み×機会:自社の弱みをもって機会の損失を最小化するための改善戦略

④弱み×脅威:自社の弱みと想定される脅威によって引き起こされる可能性がある最悪の状態を回避するための防衛・撤退戦略

各戦略の具体的内容

以下に4つの戦略の具体的内容について記載します。

①強み×機会

自社の強みを活かして、機会に対して、どのように収益を最大化するかを検討します。クロスSWOT分析においては、最大のビジネスチャンスに対して自社の強み活かしていく積極化戦略が最優先されることが望ましいと言えます。

②強み×脅威

自社の強みを使って、競合や市場縮小などの脅威に対する影響を抑えていくかを考える戦略です。競合他社に対して強みを強調する差別化が戦略の中心になります。

③弱み×機会

機会を活かすために、弱みを克服・改善する戦略です。弱みを克服・改善するのには時間がかかりますが、市場環境は良好ですので、改善策を積み上げ強みに転化できれば収益化できる可能性があります。

③弱み×脅威

脅威の影響を最小限にとどめるための防衛的な戦略となります。事業の撤退も視野に入れて準備を行っておくことで、企業全体への影響を最小化することが可能となります。

クロスSWOT分析を行う際の留意点

クロスSWOT分析を行う際に、各要素の数が少ないことや、分類に誤りがあることで戦略を組み立てられない場合があります。その際は以下のように考えて要素を出して分類し、再度組み立ててみて下さい。

機会と脅威は企業、業態によって異なる

市場の機会と脅威は通常外部環境分析から導かれますが、他の企業にとっての機会が必ずしも自社にとっての機会となるわけではありません。市場全般の脅威が反対に機会となる場合もあります。

アパレル業界においては、新型コロナウィルスの影響による売上低下により、企業経営破綻が相次ぎました。しかしセレクトショップを営むある大手老舗企業は一度赤字転落しましたが翌年黒字へと復活しました。理由は、ライブコマースを行い製品説明及び販売を行う、実際に行って写真を撮影したくなるような装飾を施した広めの試着室を店舗に備える等の対策を徹底して講じたことにあります。このように脅威を機会に転化させるという事例もあります。

自社の弱みを強みに変える

自社の強みと弱みを再度見直してみることで、弱みを強みに変えられる場合があります。

あるクラフトビールメーカーは手作業で製造しているメーカーで、他社のような設備投資をして量産体制を整えてはいません。時間と人手をかけて、ビールを製造していました。それを「丁寧に時間をかけて職人がアートのように手作りするクラフトビール」とリブランディングし、成長軌道に乗せることに成功しました。

規模の小さい会社の弱みも、視点を変えれば強みになるという事例です。

付箋を使い、テーマを絞ってSWOT分析を行う

経営・事業全般の把握が難しい場合、自社の問題点に焦点を絞ってについてSWOT分析を行うと課題が明確になり、戦略の方針を立てやすくなります。

例えば新しいWebサービスを立ち上げる際に、新サービス単体の強み・弱み・機会・脅威を分析して開発計画を立案する、あるいは工場の生産効率が悪い場合には、生産性をテーマにして効率化を実施する戦略を立案するといったように、より具体的な施策を講ずることが可能となります。

またその際には経営者が入らず、社員のみで10分を1セットとし、強み、弱み、機会、脅威の要素の抽出を行ってみることも効果的です。1セット終わるごとにホワイトボードにテーマごとに張り付け、因果関係等を整理することで、次のセットでは更に深堀した要素が出やすくなります。最低3セット行うと効果的です。上記を実施することで経営者が思いつかない新たな要素が現れたり、戦略が生まれたりする可能性があります。

企業がSWOT分析を行う効果

SWOT分析は古くから使われていますが、適切に運用することが難しい手法でもあります。重要なことは、漏れなく強み・弱み・機会・脅威の要素を抽出し、因果関係を導きだすことにあります。

そのためには経営陣のみで考えるのではなく、社員や現場で作業をしているパート社員、アルバイトにヒアリングすることで、思いもよらぬ事象に気づくことがあります。

そのように要素を徹底的に抽出することで、自社の経営や事業を取り巻く環境を多面的に分析し、有用な事業計画の作成、戦略の明確化を行うことができます。

【無料セミナー】経営計画書作成1DAY スクール

経営計画書作成1DAYスクールページ

経営者のための経営計画書作成セミナーを開催しています。

現在、会社の将来について悩んでいる経営者の方に最適な経営計画書の書き方をお伝えします!

経営計画書は1度書いたら終わりではありません。

継続することで、立てた計画を測定し、PDCAを回しより良い経営に結びつきます。

どのような経営計画書をつくれば良いか、どのように継続をしていけば良いか。

ご自分の会社の現状と未来を真剣に見つめ、成長戦略の設計をお手伝いします。

【こんな経営者の方におすすめです。】

・正しい経営計画書の作り方を学んでから作りたい方。
・より正確な数字の根拠を持った経営計画書を作りたい。
・プロの指導者に経営計画書作成をサポートしてもらいたい。

7日間で成果の出る経営計画書は作れます。

それは、失敗しない経営計画書の作り方のコツや必要なことを押さえているからです。

成果が出るとはどういうことか。

  • 立てた目標を実現できる会社になる
  • 社員が社長の方針を理解し辞めない会社になる
  • 銀行が会社の味方になる

上記のことを達成させるための道具となります。

このような経営計画書を作っていませんか?

  • -銀行を説得するための資料でしかない。
  • -作成しただけで、社員と共有していない。
  • -前向きで実現可能な数値計画になっていない。
  • -社員のモチベーションが上がらない。

5年後の自社の姿を今決めておけば、それに近づける。
あなたの会社の明るい未来を創るために、価値ある経営計画書を作ってみてはいかがでしょうか。

関連する記事はこちら

株式会社MOTOMURAでは経営計画書作成のお手伝いをさせて頂いております。
ぜひ、経営計画書作成1DAYスクールにご参加下さい!
1DAYスクールはこんな方におすすめ
お申し込みはこちらから
【開催日時】

5/13 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/20 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/31 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/7 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/14 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/20 (木) 10:00-12:00【限定5名】

6/28 (金) 10:00-12:00【限定5名】

コメントはまだありません!

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.