Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

VUCA時代の会社経営とは!変化する経営環境に適応し続ける為に!

Facebook
Twitter
LinkedIn

昨今は、本当に環境変化が激しく、あらゆるものを取り巻く環境が複雑化し、予期せぬ事態が発生し、将来を予測することが困難になっています。それは、コロナや災害、DX推進など様々です。

いつの時代を切り取っても、社会的な変化や予測できない出来事は起こるものです。

しかし、今求められるものはよりスピードを意識した経営と個々人が課題を見つけ出す力、そしてビジョンの共有です。

経済産業省によれば、経営競争力・人材競争力を強化するための三大原則の1つとして、「経営トップが率先して、VUCA時代におけるミッション・ビジョンの実現を目指し、組織や企業文化の変革を進めること」としています。

VUCAという言葉の持つ意味、そしてVUCA時代を生き抜くための経営計画の立て方を考えていきましょう。

事業計画

最速で御社の経営計画書を作成する「経営計画書サンプル」

近年では、社会やビジネスにおける将来の変化が予測しにくい状況をVUCA(ブーカ)という言葉で表現しています。

  • Volatility(変動性)
  • Uncertainty(不確実性)
  • Complexity(複雑性)
  • Ambiguity(曖昧性)

つまり、世の中は不安定で急速に変化し(Volatility)、予測不能で不確実(Uncertainty)、複雑(Complexity)で曖昧(Ambiguity)である、ということです。ビジネスの世界では、企業を取り巻く市場環境が、不安定、不確実、複雑、曖昧、混沌としていることを意味します。

関連記事:

VUCA時代を生き抜くビジネス手法とは

目次

VUCA(ブーカ)とは何かを知り、長期的な視点を持とう

元々はアメリカの軍事領域で使われていた用語です。

2010年にユニリーバなどの経営者がアニュアルレポートで使い始め、ビジネス界に広まった言葉です。”VUCAワールド “は、人類が直面している現状を表す言葉として、2016年に世界中の要人が集まる世界経済フォーラム(ダボス会議)でも頻繁に使われました。

現代は不安定で不確実な要素が多いため、経営は短期的で後追い的なものになりがちです。だからこそ、長期的な視野に立った経営を行うために、長期ビジョンを策定したいと考える企業が増えているのです。

Volatility(変動性)

IT技術が急速に発展している現代では、顧客ニーズの変動が著しいです。新しいビジネスモデルが生まれたとしても、環境の変化により、わずか数年で衰退してしまうのです。

行動と結果の因果関係が比較的明確であり、把握がしやすいです。

Uncertainty(不確実性)

不確実性が高い状況では、販売計画などの事業見通しを立てることが難しくなります。例えば、新型コロナウイルスや災害など突発的な事象によって日本経済は影響を与えられます。

因果関係は分かりやすいですが、予測することは不可能です。

Complexity(複雑性)

グローバル化により、ある企業や国の成功事例を他の国で再現しようとしても、個々の要因で単純ではないことが多いです。例えば日本は、キャッシュレス化やDX化は遅れ気味になっています。ビジネスはより複雑になっています。

Ambiguity(曖昧性)

現代はビジネスを取り巻く環境の変化が激しく、問題に対する絶対的な解決策が見出せない曖昧な状況に置かれています。そのような曖昧な状況の中で、短期間で経営判断を下さなければならないことも多くあります。

VUCA時代に求められる経営とは

このようなVUCA時代において、どのように対応し、どのように経営していけばよいのか、悩んでいる経営者も多いのではないでしょうか。

しかし、成功事例もあります。

例えばダイキン工業はこの10年で株価の成長率がグーグルを上回る勢いで急成長しています。

理由として記事内では、業界における弱点や課題点を見極め、将来のビジョンを明確にし、ビジョンに向けて人や組織全体の課題として全社一体となってDX改革を推進していったことが挙げられています。

成功企業は、以下のプロセスを行うことで経営を行っていることが分かります。

  1. 自社に対する理解を深め、課題や弱点を見つける
  2. 課題解決のための方針を立てる
  3. 将来のビジョンを明確にする
  4. 社員全員に会社の方針やビジョンを共有し全社一丸となって経営を進めていく

経営においては当たり前のことでありながら、いざやろうと思うとなかなか難しいものです。

実は、経営計画書を作成することで、上記の課題を解決することができます。

なぜなら、経営計画書を作るということは、自社に対する理解を深めて課題を洗い出し、課題解決のための方針を立てて、目指す将来のビジョンを明確にし、全社員に共有・実行させていくことと同義だからです。

VUCA時代に求められるのは、「変化に追従する」ことではなく、「変化に主体的に取り組む」ことです。

自社の存在価値から出発し、自社が実現したい社会と自社のビジョンを描き、その実現に向けた変革を積極的に行うことが必要です。インパクトのある変化を起こすためには、個々の事業の視点だけでなく、全社的な視点でダイナミックな変化を起こすことが重要です。

そのためには、自社の存在意義に基づいた長期的な事業コンセプトを明確に打ち出すことが必要です。

これまでの事業展開の中で培ってきた自社独自の勝ちパターンを紐解き、何が自社らしさなのかを再定義します。

今後提供すべき新たな価値を設定し、自社のアイデンティティを強化する戦略的なストーリーを構築することが重要です。

ビジョンやシナリオをしっかり持っていること

VUCAな現代社会では、未来を正確に予測することが難しいのは間違いありません。

しかし、だからといって、企業が将来に対するビジョンやシナリオを持つ必要がないわけではありません。VUCA社会で業績を上げている企業は、ほぼ例外なく、将来のビジョンやシナリオを明確に持っています。

ここで重要なのは、いかに正確に、的確に将来を見通すかということではありません。

VUCA世界では、いくら人、金、知恵を投入しても、未来を正確に予測することは不可能です。むしろ、自社が将来どうありたいか、自社が考える理想の世界、市場、ビジネスのあり方、未来の世界の姿を「絵」にすることです。

OODAループの思考法

VUCAと同じく、米軍によって提唱されたのがOODAループです。

従来のPDCAサイクルに対し、OODAループは変化に柔軟かつ迅速に対応するための考え方と言われています。

綿密な計画を立ててから行動する「PDCAサイクル」は業務改善に適したフレームワークであり、的確な状況判断に基づく迅速な実行を目指す「OODAループ」は意思決定に適したフレームワークであると言えます。

この違いから、不確実性や曖昧さが高いVUCA時代には、「OODAループ」に基づいて意思決定を行うことが望ましいとされています。

  • Observe – 観察する。市場や顧客などの外部環境を観察し、生データを収集する。
  • Orient – 状況判断。収集した生データをもとに、現状を把握・理解する。
  • Decide – 意思決定。 具体的な方針と行動計画を決定する。
  • Act – 実行。決定したことを迅速に実行する。

まずは経営計画書を作成してみましょう。

まずは、御社の経営課題を解決し、よりよい会社づくりをしていくために、経営計画書を作成してみましょう。

⇒セミナーの詳細はこちら

失敗しない経営計画書の作り方を大公開!

現場改善や業務改善、人材採用・育成など、あらゆる業種・業態に役立つノウハウが経営計画書には盛り込まれているため、継続的に成果を出すことができます。

経営計画書でどのような課題が解決できるのか、どの様なポイントで経営計画書を作ったらいいのか?
1Dayスクールでは、経営者が知っておきたいその仕組みをお伝えしています。

経営計画書の作成にお悩みの方に大変ご好評をいただいております。

株式会社MOTOMURAでは経営計画書作成のお手伝いをさせて頂いております。
ぜひ、経営計画書作成1DAYスクールにご参加下さい!
1DAYスクールはこんな方におすすめ
お申し込みはこちらから
【開催日時】

5/13 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/20 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/31 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/7 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/14 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/20 (木) 10:00-12:00【限定5名】

6/28 (金) 10:00-12:00【限定5名】