Skip to main content
     048-483-4313 受付時間/9:00〜17:00(日祝除く)

銀行から融資を受ける為の「収支計画書」(予測損益計算書)の書き方・予測の出し方

最速で御社の経営計画書を作成する「経営計画書サンプル」

目次

損益計算書の予測方法と、収支計画書(予測損益計算書)の作り方をご紹介します。

融資を受けるためには、収支計画書の作成が欠かせません。金融機関はこの項目を見て、その事業の将来性やあなたの経営者としての能力を確認します。

なぜ収支計画書が必要なのか

事業計画書作成のステップの一つとして、どれだけの資金が必要かを予測すること、つまり収支計画書(予測損益計算書)の作成が必要です。

なぜかというと、多くの金融機関や投資家は、あなたが自分のビジネスに損益分岐点分析を適用する方法を知っていることを期待するからです。

資金提供者は、売上が予測よりもわずかに高かったり低かったりした場合の利益を尋ねてくるかもしれません。

経験豊富な起業家の多くは、損益分岐点分析を新規事業の審査に利用しています。彼らは、損益分岐点の予測により、予測される売上高が必要な支払い額をはるかに上回ることが判明しない限り、完全な事業計画書を書くことはありません。そうでなければ、そのビジネスは長くは続かないからです。

現実的な資金計画を立てるためには、考え抜かれた計画の中に落とし込まれていなければいけません。そのためには、事業をどのように進めていくか、業績をどのように予測するかなど、さまざまな判断が必要になります。

しかし、そんなことで怖気づく必要はありません。あなたはこれまでにもビジネスの財務面について考えたことがあるはずです。仮定や推測をしなければならないことは避けられません。もちろん、可能な限り正確な予測を行う必要があり、その精度はプラスマイナス10%程度であることが望ましいです。

財務予測に伴う詳細な作業を始めると、視野が狭くなり、全体像を忘れてしまいがちです。

つまり、この作業が何を証明するのかを忘れてしまうのです。

そのような場合は、次のことをシンプルに考えるようにしてみてください。

  • どれだけのお金が必要なのか
  • そのお金を何に使うのか
  • どうやって返済するのか

以上の点を考えているだけなのです。

収支計画書とは?

収支計画書(予測損益計算書)とは、将来のある期間において、どれだけ売れて、どれだけの利益が出るかの「収入」「支出」を予測するものです。これは、事業計画書の基礎となるものです。これは、金融機関や投資家に対して、あなたのビジネスが成功するかどうかを判断するために必要な基本情報を提供することとなります。

キャッシュフローなど、事業計画のためには他にも非常に重要な要素がありますが、「入ってくるお金が出ていくお金を十分に上回る」と自信を持って予測できれば、問題はありません。

あなたのビジネスプランが十分に練られていなければ、金融機関や投資家に納得させられるような十分な損益予測を出すことが難しくなります。反対に、数字で考えていくことであなたのプランに足りない部分を可視化し、より戦略だてられた事業計画書の作成を進めることができます。

ここでは、数字をさらに詳しく見て、あなたの事業の将来の利益を総合的に予測してみましょう。

収支計画書作成に必要な3つの数字

あなたの事業の利益は、次の3つの具体的な数字を算出することで求められます。

  • 売上高
  • 売上原価
  • 固定費

売上高

売上高とは、企業が商品またはサービスを提供することによって得られた売上の総額のことです。

単に「売上」とも呼ばれます。

売上原価

販売した製品やサービスにかかる直接の費用です。

いわゆる「変動費」に分類され、売上高に比例して費用は増減します。

固定費

固定費は、月ごとにあまり変化しません。家賃や保険料など、売上高の増減に関わらず決まった費用が含まれています。

「人件費」、「一般管理費」、「役員報酬」、「家賃・光熱費」などがあります。

ある期間において、売上高が売上原価と固定費の合計額を上回ったときに、利益が発生します。
言い換えれば、売上高から売上原価と固定費の両方を引いたものが、ある期間の利益または損失に相当します。

ここの利益か損失かになる境目が、損益分岐点になります。原価や変動費、固定費を支払うために必要なコストの総額です。

収支計画は月ごとに2年間分作成する

そんな、収支計画書作成のために2つ大事なポイントがあります。

  • 月ごとに計画を立てる
  • 2年分計画を立てる

私たちは「売上高」「売上原価」「固定費」のすべての数字を精査し、それが正しいと確信したら、それを2年間、月ごとに提示するようにします。

2年間というのは、短期的な問題や長期的な傾向が出てくるかどうかを確認するのに十分な時間です。

さらに事業計画書の作成を進める場合は、5か年の計画まで立てていく必要があります。

収支計画書を作成するためのステップ

それでは、以下のステップにしたがって収支計画書を作成していきましょう。

以下の行ごとの説明に従って、フォームを作成してください。

1. 売上高の推移

損益予測の最初のステップは、事業開始から2年間の月次売上高を予測することです。
この作業は、事業計画書作成の中で最も難しく、また最も重要な部分です。

売上高をどれだけ正確に見積もるかで、成功への希望が大きく変わります。
あなたのビジネスが利益を生むかどうかを正直に評価していることを忘れないでください。

つまり、利益を出すために必要な売上高ではなく、実際に期待できる売上高に基づいて予測を立てる必要があります。売上高を高く見積もりすぎると、ビジネスを運営するのに十分な資金が得られません。一方、売上を低く見積もると、すべてのビジネスを処理するための準備と能力が不足してしまいます。

もしそうでなければ、毎月、支援者に、自分が言っていた通りに物事が進まない理由を説明しなければならないでしょう。

ここでは、さまざまなタイプのビジネスが売上高を予測するために使用するいくつかの方法を紹介します。

日本政策金融金庫のホームページでも業界ごとに売上予測の方法を紹介しているので参考にしてみてください。

小売業の売上高予測

小売業の売上高を予測する最も簡単な方法は、類似店舗の平方メートルあたりの年間売上高を見つけることです。そして、その金額に自社の推定床面積を掛け合わせれば、自社の年間売上高の予測ができます。

まず、街に住む平均的な人が毎週どれくらい食料品店で買い物をしているかという統計を取ることから始めます。

経済産業省のサイトなどから、食料品店の総売上高を入手して、その数字を知ることができます。そのデータをもとに、その地域に何人の人が住んでいるかを推定します。
売上高のデータをその地域の人口で割ると、食料品店の一人当たりの平均売上高になります。
このようなデータに加え、競合他社や人口統計の分析を行うことで、スーパーマーケットのマネージャーは、新店舗の販売量を比較的正確に見積もることができます。

サービス業の売上高予測

サービス業の売上高を見積もるためには、請求可能な売上を生み出すためにどのような手順を踏むのかをよく理解する必要があります。

客1人当たりの単価×設備数×回転数として考えてみましょう。

そして、これらの手順を1週間または1ヶ月に何回行うと予想し、それらの手順からどれだけの収益を得られるかを予測します。
また、社内業務やマーケティングのための時間も忘れてはいけません。

製造業・卸売業の売上高予測

製造業や卸売業を予定されている方は、先ほどの「小売業の売上高予測」と「サービス業の売上高予測」を読み、いくつかのコンセプトを組み合わせて売上高を予測してみてください。

あなたが自分の事業について多くのことを知っているのであれば、妥当な見積もりを作成することは難しくないはずです。非常に困難な場合は、あなたの事業についてもっと学ぶ必要があるかもしれません。

2.売上原価

月間の売上原価を記載していきます。

この数字を得るためには、月次売上予測×平均売上原価率で出します。

例えば、ある月の売上高の予測が1,000万円とし、平均売上原価率が60%だった場合、その月の売上原価の計算は以下のようになります。

1,000万円×0.6=600万円

平均売上原価の算出方法について見ていきましょう。

平均売上原価率の算出方法

これは、販売する製品やサービスの直接原価です。

平均売上原価を算出する一つの方法は、各製品やサービスの年間売上高を推定することです。

次に、各製品の年間売上原価を計算します。最後に、これらの数字を合計して年間平均を算出します。

より詳細な方法で 平均売上原価の算出方法

平均売上原価を算出するもうひとつの方法は、主要な製品やサービスラインごとに、毎月の売上高と売上原価の予測を立てることです。
製品やサービスラインごとに個別の月次予測を行えば、非常に詳細な予測が可能になります。
しかし、多くの人はこのレベルの詳細な予測を嫌がり、ここで紹介するあまり詳細でない方法で進めたいと考えています。どちらの方法でも構いません。

3. 売上総利益 (または粗利益)

売上高(1)から売上原価(2)を引いて、売上総利益(粗利益ともいう)を求めます。

これは、販売した製品の直接費用を支払った後に残るお金の額です。

このお金は、事業の固定費やあなたの利益を支払うために利用できます。

その月の粗利益が固定費より大きければ、利益が出ます。しかし、粗利益が固定費より小さければ、その月は赤字になります。

4.固定費

以下で紹介している項目は、毎月や定期的に発生する一般的な固定費ですが、あなたのビジネスに合わせて自由に項目を追加・修正してください。

すべての固定費項目は利益を減少させるので、ビジネス所得税の支払いは少なくなります。

賃金/給料

ほとんどの中小企業では、ビジネスの変動に関わらず、一部の従業員を週単位または月単位の固定勤務にしています。また、必要に応じて臨時従業員を雇うこともあります。このような賃金はすべて固定費となります。

何人の従業員を雇い、各人が月に何時間働くか、そして各人にいくら支払うかを知る必要があります。事業の収益性にかかわらず、自分自身に定期的に給料を支払う予定の場合は、自分の給料も含めて記入します。

従業員の源泉徴収の控除前の総金額を記入して、あなたは賃金と給与のために毎月支払うことになります。

4b. 給与税

雇用者であるあなたは、従業員の給与の約14%を連邦政府に納税します。これは、従業員の社会保障制度への貢献となります。

家賃・光熱費

家賃や光熱費は、次に検討すべき主要な項目です。ただし、自宅やその他のスペースで活動する予定で、追加のポケットコストが発生しない場合は除きます。
しかし、商業施設を借りない場合は、地域のゾーニング法が影響する可能性があることに留意してください。計画を進める前に、土地区画整理法を確認しておくとよいでしょう。
計画を進める前に確認しておきましょう。

宣伝広告費

製品やサービスを間接的に宣伝するためのインターネットや、テレビ、屋外広告、新聞などを通じて、経費になります。

保険

を始める際には、様々な状況に対応するために、何らかの保険に加入する必要があります。
リース契約では、建物に火災保険、洪水保険、地震保険の加入が義務付けられている場合があります。また、ビジネスに参加している一般の人々のために、公的責任保険と物的損害保険の加入も必須です。

また、従業員を雇用している場合は、労働者災害補償保険も必要です。従業員が仕事中に怪我をした場合、あなたは絶対的な責任を負うことになります。
また、貴重な在庫や設備にも保険をかけておきましょう。また、食品や機械など、人を傷つける可能性のある製品を製造している場合は、製造物責任保険も検討すべきでしょう。

ローンの利息

借りたお金の支払いのうち、利息分に関するものです。

しかし、現時点ではどれだけのお金を借りるかわからないとします。
事業計画書を作成する主な理由の1つは、ビジネスに必要な資金を決めることです。

下記記事の「キャッシュフロー予測」を完成させること、どのくらいの資金が必要か、借入額と支払額についての予測を立てることができます。

関連記事:キャッシュフロー予測と資本支出の計画

減価償却費

減価償却費は、税金を支払う際に利益から差し引くことができる金額です。これは、ビジネス機器や建物が消耗していくことを補償するものです。


1年以上使用する固定資産は、すべて減価償却できます。固定資産を減価償却した場合、損益計算書の費用として購入価格を表示しないことを覚えておいてください。資産の耐用年数が1年未満の場合は、購入した年の費用欄に購入価格の全額を表示し、減価償却は行いません。

政府は、固定資産が何年かかけて消耗すると仮定することを認めています。つまり、税務上は、その期間の終わりには資産の価値が下がっていることになります。
減価償却費は、この消耗分の一定割合を毎年の確定申告時に経費として計上するものです。多くの場合、税務上、設備は3~5年、建物は15~30年で減価償却します。それぞれ明確な規則とリストがありますので確認してください。

その他の費用

 必然的に、あなたのビジネスに応じて
その他の費用が発生することがあります。予想されるその他の費用をすべて列挙します。

これらの中に経常的な費用がある場合は、それぞれの月ごとの見積もりを記入します。年に1度か2度しか発生しない費用については、年間合計を12で割り、毎月の金額を入力してください。

ここでは、一般的な企業が定期的に負担する費用をご紹介します。

  •  弁護士、コンサルタント、税理士
  • 自動車やトラックの費用
  • 不良債権の処理
  • 手数料(おそらく売上原価に計上するか売上原価に計上するか、手数料が発生する場合は売上高から控除する必要があります。手数料が定期的に支払われる場合は、売上原価に計上するか、売上高から控除する必要があります。定期的に支払われる場合は売上原価に、たまにしか支払われない場合はたまにしか支払われない場合は、固定費に含める。)
  • 会費および出版物
  • 従業員の福利厚生プログラム
  • 機器のレンタル料
  • 商品購入時の運賃
    (売上原価に計上する場合もあります。
    お客様への発送は通常お客様が負担します。
    お客様への発送は通常、お客様が負担します。)
  • 清掃員
  • 洗濯代
  • 許認可費を含む免許・税金
    税金(利益が出てから計算する所得税ではありません
    利益が出た後に計算される。)
  • オフィス用品
  • 投資家への支払い
  • 郵便代、ファックス代、電話代
  • 修繕費、メンテナンス費
  • セキュリティおよび警報システム
  • 旅行、娯楽
  • 公共料金

固定費の合計

上記にリストアップした固定費をすべて合計し、各月の合計額を記入してください。

5.利益または損失

売上総利益(粗利益)から固定費合計を引いて、+であればそれが利益になります。

もしマイナスであれば、それは損失が出ているということです。

損益予想の見直し

これで、損益見通しの最初の作成が完了しました。次のドラフトを作成するときに混乱しないように、日付を記入してください。順調に進んでいることを願っています。

しかし、多くの人がそうであるように、ビジネスを経済的に優れたアイデアにするために収益性を高める必要があると気付いた場合は、すべての仮定を見直してください。現実的にコストを削減したり、数量を増やしたりするにはどうすればいいでしょうか?

 

健全であると確信できる変更のみを予測に組み込みます。次に、利益の数字をもう一度見てみましょう。生活していくのに十分な利益が出ているか、資金源を返していけるか、多少の余裕はあるか。もし利益が出ていて、その数字が正しいと確信できるのであれば、そのビジネスアイデアを進めたいと思うでしょう。
調整後の数字でも利益が足りない場合は、別のビジネスアイデアを検討するか、基本的なビジネスの前提条件を変更するのが賢明でしょう。

 

どのくらいの収益性があれば、ビジネスを進めることを正当化できるでしょうか?
これは良い質問であると同時に、難しい質問でもあります。逆に言えば、ビジネスマンの数だけ答えがあるとも言えます。

所得税の申告書を作成するには、これまで説明してきた方法よりも多くの計算が必要です。

大きな違いとしては、売上原価があります。ここでは、予測のために売上高に対する単純な割合として見ていました。

ビジネスの所得税申告書を計算する際には、より複雑なルールに従う必要があります。

まとめ

ここでは、事業計画書作成のための、収支計画書の作成方法をご紹介しました。

非常に大変な作業ですが、最初の事業を成功させるためにはじっくり時間をかけて数字を出してみましょう。

ここできちんと利益の出る計画が立てられなければ、金融機関や投資家などの支援者に納得させることは難しいです。

ただしバランスシートと収支計画書の作成だけでは、一つの重要な点を見落としてしまい、破産してしまうかもしれません。それが、現金(キャッシュフロー)の管理です。

次のステップとしてキャッシュフロー予測の作成に進みましょう。

関連する記事はこちら

自己資本比率とは

「自己資本比率」とは? 経営や融資にどう影響する?改善方法についても紹介。

資本金は、会社の規模だけでなく、会社資産に占める割合がどのくらいかなど、経営の健全性や安定性を示す代表的な指標となります。とくに「自己資本比率」は資本金に関する指標の中でも、とくに重視されるため、企業の評価を高めるには積極的に改善していくべきものとなります。

Read More »
コロナ禍でマスクをする男性

苦しいときに活用したい。個人事業主が利用できる税金・年金他の減免制度について

とくに頭割りで課税がされている健康保険や国年年金については、扶養家族が多い世帯が利用した場合の減免額は大きなものとなります。この記事では、個人事業主の方が利用できる税金や年金の免除・減額手続きについて解説いたします。

Read More »

最新の「小規模事業者持続化補助金」の状況と申請手続きについて

補助金や助成金には、さまざまな種類がありますが、その中でも「小規模事業者持続化補助金」(以下、「持続化補助金」という)は、他の補助金等よりも申請がしやすく、利用できる枠の数も多いため、多くの中小企業で人気となっている補助金の一つです。

Read More »

「債務整理に関するガイドライン」により債務の免除ができる?その他の債務減額の方法についても解説!

『「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」を新型コロナウイルス感染症に適用する場合の特則』は、自然災害により被災し、住宅ローンや銀行借入れの返済が困難となった方を救済するものですが、コロナの蔓延により同じくローンの返済が難しくなった方にも適用を拡大したものです。

Read More »
株式会社MOTOMURAでは経営計画書作成のお手伝いをさせて頂いております。
ぜひ、経営計画書作成1DAYスクールにご参加下さい!
1DAYスクールはこんな方におすすめ
お申し込みはこちらから
【開催日時】

5/13 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/20 (月) 10:00-12:00【限定5名】

5/31 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/7 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/14 (金) 10:00-12:00【限定5名】

6/20 (木) 10:00-12:00【限定5名】

6/28 (金) 10:00-12:00【限定5名】

コメントはまだありません!

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.